宜野湾市セフレ


セフレという言葉を知らない人は、何のことかよくわかりませんがセックスフレンドの略でその言葉のとおりセックスする友達という意味にとれます。
恋人とはまったく違い、相手の体だけが目的であるので、もしかしたらセフレの連絡先を知らない人もいるかもしれません。
連絡先といってもフリーメールだけでやりとりをする人が多いので、相手の携帯電話の番号を知らない人は特に多いのではないでしょうか。
最近では出会い系サイトの普及により、セフレを探すとき匿名で自分の名前を隠したまま相手とやりとりをすることができるため、最後まで自分の名前は明かすことなくセフレた遊び続けることができます。
恋人とはまったく違い、お互い用事があるときにしか会ってセックスをしないので、それ以外のときはまったくお互いの私生活には干渉しないのがセフレのルールということになります。
時々セフレから恋人になれないかと悩む人がいますが、どちらかが必ずセフレはセフレというふうに割り切っていることが多いので、初めから小細工しないとセフレから恋人になることは極めて難しいです。
セフレというのは、恋人とは違い友達ともまた違い、セックスするときにしかわないので週に一回もしくは月に一回しか会わないという人も珍しいことではなく、自分自身の出張先にセフレがいる場合は仕事で行く時しか相手に合わないということもあります。
こんなふうにお互いにスケジュールがあった時にしか、合わない関係ですからこれは恋人とは言えないのではないでしょうか。
ほとんどのセフレが相手とデートすることはなく、待ち合わせ場所からホテルに直行することが多く、既婚者のセフレの場合は外で食事をすることはほとんどありません。
相手と話しが合えばセフレであっても食事ぐらいはするかもしれませんが、人それぞれですからセックス以外のときに相手に会いたくないとどちらかが思っていればホテル以外で相手に会うこともないでしょう。
こんなふうに簡単に言ってしまえば都合の良い関係がセフレということになるので、恋人や愛人とは全く違うということがわかっていただけると思います。
つまり今の若い人が求めているような必要な時にしかわない関係がセフレになりますので、特にそこに勘定ははいておらず、を互いに体しか求めていないという自由な関係になります。
若い人に限らず40代50代の男女でもセフレを求めている人が多く、将来結婚をするつもりは全くないけれどセフレだけはキープしておきたいと考える女性も多く、40代行でセフレを何人かキープしている女性も隠れて存在します。
セフレと会うときは自分の家ではなくどこかホテルか、モデルなどを利用すればお互いの個人情報が分かりにくいので、女性側がセフレと待ち合わせに使う場所は、ほとんどが自分自身の家ではなくホテルを利用することが多いです。
男性でセフレを見つける場合は自分の自宅を使うことが多く、そのことを嫌がるセフレの女性がいたらあまりうまく続かないこともあります。

年齢関係なく多くの人がセフレを求めている

セフレは若い人だけの特権ではありません。
近頃の若い人はと嘆く人も多いかもしれませんが、かえって40代以降の人の方がセフレを積極的に求めていることも多く、この年代は結婚していたとしても夫婦のセックスが全く行われていない年ごろになってしまうので、男性でも女性でも積極的に既婚者であってもセフレを探している場合が多いです。
男性の場合は極端に若い女性を探すことも多く、20代になったばかりの若い女性は、年上の男性にあこがれることが多いのでこのマッチングは本当によくあります。
20代の男性は自分のやりたいセックスを押し付けるだけで、女性にとって本当に気持ちがよいと思われるようなことはなかなかしてくれないので、大人の男性にあこがれる人が多いようです。
男性の場合も同じことでまだ20代のはじめのころは、女性と一度も経験がないという男性もいるのでそのような人は、自分の初めての経験相手を年上の女性に求めることも多いのです。
既婚者で40代以降ならたとえ初めての相手であっても大歓迎ですから、男性の場合自分から初めてと言い出しにくい場合は、年上のお姉さんたちにお願いすることも多いです。
このような重要関係があるので年齢関係なく、セフレを求めている人同士が数多く存在しているのです。
相手を探すために利用する出会い系サイトも、携帯電話さえあれば自宅からでも外出先からでも簡単に探し出すことができるので、インターネットの普及によってセフレ探しをする人も加速しています。
最近ではセフレから恋人に発展することも多く、年が離れていてもセフレから恋人になる人も数多く発生しています。

セフレがなかなか出来ない男性の問題点とは?

女性というのは、基本的に自分がセフレだなんて思われたくはないものです。
もちろん、女性だって好きな人としかセックスをしないなんていう人は結構少数派です。
それでも、自分の体だけしか見てくれないような事実は認める事が出来ません。
男性はそれに比べて、むしろ自分の体だけが目当てなんてそんなに都合がいいことはありませんよね。
逆にお金が目当てだとかいうのに比べれば、体を目当てにしてくれれば嬉しいです。
しかし、女性はどんな相手にでも自分を1人の人間として見て欲しいものです。
性欲が溜まっている女性もかなり多いですし、セフレになってもらうことが結構簡単だったりします。
そのような出会いの場も山ほどあります。
ハプニングバーというものが全盛期だった頃には、ガラス張りの部屋で見ず知らずの沢山の人達に見られながら出会ったばかりの男女がセックスをしたりしていましたよね。
ただ、今では摘発などをされたりしてなかなかそんな場所も減ってきているようです。
しかし、出会い系サイトなどでは連日沢山の男女が出会い、セフレになることもかなり簡単に出来ているわけですから、セフレを作るのは誰にでも出来ることです。
しかし、中にはセフレを作るのがなかなか難しいという男性もいます。
こんなにも出会いに溢れている現代でも、セフレを作れない男性というのは、やはり女性からしてセフレには絶対にしたくないというような男性という場合がありますよね。
それならば、女性は一体どのような男性とはセフレにはなれないと考えているのでしょうか?

不潔な男性

セフレというのは援助交際ではありません。
お金をもらえるとなれば、どんな相手でも我慢が出来るという女性が多いですが、セフレとなるとやはり不潔な男性は嫌です。
不潔というのは、やはり基本的には身だしなみですよね。
また服装が汚いような男性は好まれません。
ダサイというのと不潔は違います。
もちろんダサイ男性もあまり好かれませんが、人には好みがありますから、そんな男性でも好きだといってくれる女性はいます。
ただ、不潔となると結構厳しいものがあります。
ただの友達ならまだいいにしても、セックスをすると考えたら、不潔な人とセックスなんてしたくありませんよね。
何か性病になってしまうような気がしてしまいます。
ただ、ファッションセンスを磨くのにはお金もかかりますし大変ですが、清潔感というのは簡単にすぐにでも手に入れることが出来ます。
潔癖症にまでなる必要は全然ありませんが、せめて普通くらいにはしておかなければ、セックスなんて論外と思われてしまいます。

度が過ぎたネガティブ・ナルシスト

女性が男性に対して感じる不快感として、やはり性格的な部分も沢山あります。
例えば、ネガティブすぎる男性とは、一緒にいてかなり疲れます。
自分に自信がないというだけならまだいいですが、それが度を越してしまうと、面倒くさくなってしまいますし、一緒にいたくないと感じてしまいます。
例えば、自分の容姿があまりよくない事をコンプレックスに思いすぎてしまっていて、どうせ僕はブサイクだからといつも言われると、そんな事ないよという言葉を初めは優しくかけていても、そのうちそんな言葉をかけるのも嫌になって、もう関わりたくなくなってしまいます。
また、その正反対として、ナルシストすぎるのも女性は嫌がります。
確かに、自分に自信を持っていたり、自分を好きだというのはいいコトです。
ただ、それがまた度を越してしまうと、気持ち悪いという感情を抱かれる原因になります。
女性は一度気持ち悪いと思った男性と、また普通に接したいと思う事は決してありません。
セックスをするためだけの関係なのだから中身は関係ないと勘違いしている男性も多いかもしれませんが、セックスというのも、人と人の大きなコミュニケーションです。
自分が嫌だなと思うような男性と、仕事以外でセックスをする事にメリットなんてあるはずがありません。
セックス以前に、一緒の時間を過ごす事すら嫌になってしまいます。
女性に気に入られたいと頑張りすぎる必要はありませんが、せめて一緒の時間を楽しく過ごしてもらえるような努力くらいは少しはしてもいいかと思います。
セフレが欲しいけど出来ないという人は、まず女性にセックスをしたいと考えすぎているのがバレバレなのではないでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ